会社概要

会社名

​設立年月

​住所

​代表名

株式会社アメニモ

2017年10月

白須 真鶴枝

東京都豊島区駒込2-3-3 駒込北口ビル3階-5

社名の由来

​株式会社アメニモは、宮澤賢治の「雨ニモ負ケズ」に由来します。

​​特に「あらゆることを自分を勘定に入れずに よく見聞きし分かり そして忘れず」という部分が好きです。

​メンバー

■代表 ​白須 真鶴枝

略歴:

​大学卒業後、人材サービス企業(株)ディスコに就職。人材紹介事業部にて、新卒大学生および第二新卒の就職支援に従事。異動し、人事部向け営業として、採用計画立案・採用事務局オペレーション設計・アセスメントツール・採用広報の提案など行う。また自社媒体の新規営業数NO.1(2009年度)、自社の新卒採用&若手営業の研修チームリーダー。
(株)イードに転職。リサーチ事業部にて営業推進、HCD理論に基づくUI/UX評価案件のリサーチアシスタント。自動車ニュースメディア『Response』営業責任者。

2013年あたりから、ジョブホッパー&パラレルワーク人生が始まる。

人材業界にいた時に、いわゆる「優秀な人材」を見つけ出して企業に紹介することが中心で、求職者の人生に寄り添うことができなかったことがずっと心残りで、フリーランスで大学生向けの就職相談&面接練習事業を始める。始めてみると、本人または家族が病気や障害を抱えている人、トラウマを抱えていて自分の生き方を自己決定することが怖い人、親子で就職への考え方が違い親ブロックに悩む人、もしくは子供の自主性を尊重したいと思っているけど出来なくて怒ってしまう自分に悩む親など、様々な相談が寄せられたが、実力不足を痛感。もっとEvidence Basedな知識が必要だと感じ、医療業界に興味を持つ。

その後は、個人事業主・正社員・アルバイトを組み合わせて医療業界を中心に働く。①医師紹介会社にて集合健診のスポット求人担当・非常勤求人の医師側担当として条件交渉や病院見学同席など、②医師向けアプリベンチャーの学会出展担当、ブランディング、UI/UX改善など、③内科クリニックの受付・事務、④救急医療システム企業の営業推進全般。

2017​年に(株)アメニモを起業し、パラレルワーク継続中。

受賞歴:

MITベンチャーフォーラム主催 BPCC18 審査員特別賞受賞(2018年11月)
※この際に発表したアフターピルのオンライン診療事業は行わないことにしました。

​今のところ大規模資金調達の予定はなく、「ピルにゃん」という統合的な情報サイトをコツコツと作成していきます。

■顧問 ​横井 正之

​略歴:

1986年京都大学薬学部卒業。積水化学工業株式会社にて医薬品、医療・健康機器等の業務に従事。2002年パスカル薬局設立。株式会社パスカルシステム代表取締役、株式会社Special Medico取締役、DelfAI情報研究所代表など。

学位:

博士(学術)

専門分野:

​データサイエンス、医薬品情報学、医療薬学

活動実績:
日本医療薬学会/代議員

立命館大学薬学部薬学科/非常勤講師
鈴鹿医療科学大学薬学部/非常勤講師
びわこ学院大学教育福祉学部/非常勤講師

 

受賞歴:

科学技術庁長官発明奨励賞(H12)
大阪優秀発明賞     (H12)

滋賀県薬剤師会会長表彰 (H22)
びわこ薬剤師会会長表彰 (H27)
草津市市政功労者表彰  (H30)

​代表メッセージ

多様性を認められる社会にするには、あらゆる立場の人がオープンに意見を言える環境が必要です。オープンに意見を交わす環境があれば、自らの思想の盲点に気づいたり、自分と立場が違う人の苦しみを想像する力などが養われます。そして、人間にはそれぞれ個性がある、ということを理解する経験的プロセスを経て、多様性を認めることの恐れから解放されます。結果として、思想は洗練され、適切な願望を持てるようになっていくのだと思います。

日本は恵まれた素晴らしい国ですが、一方で、人と同じであることが求められる空気があったり、議論をすることを避ける傾向があり、ステークホルダーの多い構造的問題に解決策を提示していくことは苦手です。議論するくらいなら問題に蓋をする方が楽だ、とりあえず自分だけがsurviveできればいいや、という感覚などが優先され続けた結果、時間経過とともに構造的問題はどんどんと根深く解決困難になっていきます。構造的問題、制度的問題という負の遺産を引き継いでしまったために、社会の歪みの中で、密かに苦しんだり、もがいたりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。​

​負の遺産を断ち切るには、私たちは、自らの問題を他人任せにするのではなく、自分の理性に照らし合わせ判断し、意思を持って行動していく、そんな自己決定の練習を積み重ねていく必要があると思います。

株式会社アメニモは、特に日本人がオープンに議論することを避けてきた領域で事業を行うことで、大切な問題にきちんと向き合う文化を定着させたいと思っています。まずは「秘め事」とされている性や生殖の問題、「忌み嫌う」とされている死の問題にフォーカスします。​

 

​私たち一人ひとりが、人生に主体性を持って、将来を具体的かつ希望的に想像できるようになり、ほんの少しだけ行動変容することができれば、日本を取り巻く諸問題も必ず解決します。​
 

© 2020 by Amenimo Inc.